間伐材の重要性

間伐材製品のプロフェッショナルが
あなたの疑問にお答えします。

人工林とは?

 森林は大きく人工林と天然林に分かれます。天然林は自然のままの森林に対して、人工林は人間が木を植え、育てる森林です。
 天然林では多種多様な樹種と、多種多様な樹齢の樹木で構成されているのに対し、人工林ではほとんどの森林が1種類の樹種・樹齢の樹木で構成されているのが特徴です。人工林は天然林に比較して短期間に大量の木材を生産することができます。

なぜ人工林は間伐するのか?

 樹木を太く、まっすぐ育てるために、最初は細かく植林をし、後に樹木の成長に合わせて伐採することで光の量を調整します。これが「間伐」です。また、すべての苗が良い苗だとは限りません。間伐には悪い苗を淘汰して良い苗を選別する働きもあります。
 間伐をしないと、樹木はひょろひょろになります。さらに、樹木の大きさに対する葉の割合が少なくなるため、十分な光合成ができず、栄養状態が悪くなります。そのため、強風や豪雪で折れたり、病気にかかったり、虫に食われたりする危険性が高くなります。

なぜ間伐した材の利用は少ないのか?

主な理由として、3つあります。 

1. 丸太の価格が安いため
 樹木の値段は、長さ4m、直径 30cmのものでも 市場では平均6〜7000円程度でしかありません。ここから、木を伐り、運んでくる費用を引くと、手元に残るのは、ほんのわずかです。間伐材は細いのでさらに値段は安く、運んでくる手間もかかるので、場合によっては木を売っても費用をまかなえないこともあります。

2. 外国から輸入した木材・木製品や、プラスチック等、国産の木材・木製品に変わる資材が増えてきたから。

 高度経済成長期以降、海外から安い木材が大量に入ってくるようになり、同時に、プラスチックやビニル製品等、非木質の製品が増えてきたために、国産の木材の需要が減っています。

3. 主伐材よりも直径が細いため、用途が限られているから。

 間伐材は未成熟材のため、主伐材よりも直径が細く、建築用材としての寸法が取れません。

なぜ間伐材は利用しなければならないのか?

主な理由として、2つがあります。

1. 間伐材や間伐材を使用した製品が流通することにより、森林の整備が進むこと

 木材は地球上で数少ない再生可能な資源です。間伐材などの木材・木製品の利用が進むと、最終的にその利益が造林や間伐などの森林整備に充当されることになり、森林資源を循環的に利用することが可能になるのです。
 しかしながら、現在では間伐材の利用があまり進んでいないため、森林資源を循環的に利用することが困難な状況となっています。

2. 二酸化炭素の発生を抑制すること

 地球温暖化の原因の一つとして大気中の二酸化炭素濃度が上昇していることが挙げられていますが、二酸化炭素は植物の光合成により植物体内に取り込むことができます。特に樹木は幹に大量の炭素を保持することができます。
 また、植物は、腐らせてしまうと微生物等の働きにより植物体に取り込まれた炭素を二酸化炭素として大気中に放出してしまいますが、住宅や家具などに木材を使用することで炭素を固定し、放出量を減少させることができます。

 

間伐材の重要性

景観材・環境材・文化材

地域づくり

 

 


エコーウッド富山 株式会社(防腐防蟻処理工場)〒932-0106 富山県小矢部市内御堂157番地
TEL (0766)61-4988 FAX (0766)61-4987 E-mail eco-wood@tko.fitweb.or.jp